お出かけブログ

旦那さんの通勤用のビッグスクーターをじわじわタンデム仕様にして(◎させて)お出かけを迫る奥さんのブログです。寺社への参拝記事も書きます。

錦天満宮を参拝してきた

さて。先日、旦那さんの実家の千葉のご両親に贈るお中元を買いに、旦那さんの バイクでぴゅーんと 錦市場へ連れてもらいました。

「何故、錦市場なのか?」ということには理由があって、それは後半で記述するとして「今日は、錦の天神さんをお参りしていこう」と、思い立ち。

 

天満宮

f:id:richiosan:20220627133432j:image

f:id:richiosan:20220627133825j:image

錦小路、寺町京極、新京極と、商店街の通りが合わさる場所であるだけにさすが、境内の至るところにお店屋さんの提灯があり、たいへん賑やかなお社です。笑

f:id:richiosan:20220627133931j:image

 

御神牛

f:id:richiosan:20220627134055j:image

天神さん(天満宮)といえば、お使いの「牛さん」

 

錦の水

f:id:richiosan:20220627134151j:image

京の名水のひとつ、錦天満宮境内に地下35mから湧き出す霊水。

なお、京都盆地の地下には巨大な水瓶(地下水)があり、その水量は推定211億tといわれます。

 

拝殿、本殿

f:id:richiosan:20220627134935j:image

両脇に、随神様がいらっしゃいます。

この奥に、本殿があります。

御祭神は、菅原道真公。

 

創建は、第66代・一条天皇の長保5年(1003年)道真公の御父上である菅原是善の旧邸・菅原院跡地にあった歓喜寺を、源融(みなもとのとおる)公の旧邸・六条河原院跡地に移築し、その鎮守社として天満天神を祀る天満宮とされたことから始まります。

その後、合併や移転を重ね、第107代・後陽成天皇天正15年(1587年)豊臣秀吉の都市計画のため、歓喜光寺(歓喜寺)とともに現在地に移転され、後に、神仏分離にて、歓喜光寺は東山区、さらに山科区へと移転。天満宮だけがこの地に残り、その所在地名から「錦天満宮」と呼ばれるようになりました。

 

塩竈神社

f:id:richiosan:20220627135607j:image

御祭神は、源融公。

第52代・嵯峨天皇の第12皇子で、紫式部の「源氏物語」の主人公・光源氏のモデルとなった方であるともいわれています。

 

太夫神社

f:id:richiosan:20220627140100j:image

御祭神は、渡會春彦。

世継ぎのいない菅原是善が、伊勢神宮外宮神官であった渡會春彦を通じて伊勢神宮に祈願されたところ、その御神徳により道真公がお生まれになり、渡會春彦は道真公の守役として尽くされました。

 

日之出稲荷神社

f:id:richiosan:20220627140501j:image

御祭神は、倉稲魂命

f:id:richiosan:20220627141008j:image

こちらの鳥居は、島木と貫の間に三角の装飾がある珍しい造りで「奴禰(ぬね)鳥居」と呼ばれており、全国にふたつしかないといわれます。もうひとつは、伏見稲荷大社(稲荷山)の荷田社神蹟にあります。

 

また、珍しい鳥居といえば、錦天満宮の参道の鳥居も「有名」で、

f:id:richiosan:20220627141127j:image

なんと、両側のビルの壁を、突き抜けています。

裏側から見ても…

f:id:richiosan:20220627141242j:image

これは、参道の錦小路通の道幅が鳥居の柱の幅に合わせてあったことから、後に、両側にビルが建てられた際、鳥居の上の部分に建物がぶつかってしまうことになったという 信じられない設計ミス によるものだそう。

昔は、この鳥居の周辺も境内の敷地内だったので、参道脇に鳥居より高い建物が建つことは、想定されていなかったのかもしれないですね。

 

境内に戻りまして、

七社之宮

f:id:richiosan:20220627142114j:image

御祭神は、

八幡神社 応神天皇

床浦神社・竃神社 竃神

市杵島神社 市杵島姫命

熊野神社 伊奘冉尊

恵美須神社 事代主神

事比良神社 大物主神少彦名命

 

御朱印

f:id:richiosan:20220627142409j:image

 

お参りをして、本題の買い物へ。

「何故、錦市場なのか?」に話を戻しまして。

実は、千葉のお母さんが京都の「生麩」をお好きで、以前からそれは知っていたんですが、生麩は賞味期限が短いため、遠方へ送ると食べ急かしてしまうこともあり、これまで、送ることを躊躇していまして。

それが、ふと調べてみると、日持ちするように真空パックで販売されている生麩屋さんが、錦市場にあるとのことで。

 

京なま麩・錦市場 麩房老舗

f:id:richiosan:20220627143509j:image

創業は江戸時代、第120代・仁孝天皇天保年間の老舗さんです。

インターネットでの受注もされているようですが、店頭で商品を見て選んで、詰め合わせていただきたかったので、お店へ伺いました。

f:id:richiosan:20220627143647j:image

f:id:richiosan:20220627143704j:image

生麩を数種類と、生湯葉を詰め合わせていただきました。喜んでくださるといいな〜。

【リンク】京都・生麩の老舗店 錦市場 麩房老舗(ふふさろうほ)のオフィシャルホームページです。

 

錦市場」関連記事

hurrah.hatenablog.com

「風邪薬も売っていた」うどん屋さん

さて。先日、仕事おわりのお昼で「おうどん」が食べたくなったので、休みで家にいた旦那さんの バイクでぴゅーんと 連れてもらいました。

 

京都三条 田舎亭

f:id:richiosan:20220615144707j:image

明治43年創業。

外観を撮ってないのですが、田舎亭さんの歴史で特筆すべきは、こちら。

当時のいわれで「熱いうどんを食べて風邪薬を飲むと一晩で風邪が治る」ということで、昔は風邪薬も売っておられたそうで、大正時代のその看板が店内に飾ってあります。

 

f:id:richiosan:20220615145132j:image

戦後、法律が変わり、もちろん今はもう風邪薬の販売はされていませんが、偶然にも私は今、薬(市販薬)の相談・販売に従事しているので「当時の風邪薬はどんなん(成分)やったのかなー」と興味があります。

 

f:id:richiosan:20220615145714j:image

海老天ぷらのおうどんをいただきました。

うどんの麺は細め、柔らかめ。お出汁は上品な優しいお味。田舎亭さんは天ぷらが別添えで、衣のサクサク感がとても美味しいので、うどんに乗せず、最後まで別々でいただきました。

美味しかったです。御馳走さまでした。

【リンク】京都三条田舎亭

 

※追記(2022.6.16)

調べてみたら、この「うどんや風一夜薬」の会社さん、現存されていました!

その名も「うどんや風一夜薬本舗」さん。創業当初は「末廣勝風堂」という社名だったのを、うどんや風一夜薬が有名になったので、社名を変更されたそう。

ホームページ内で「うどん屋さんで風邪薬を売っていた歴史と由来」も書かれていて、おもしろかったです。

【リンク】株式会社うどんや風一夜薬本舗

 

琵琶湖、再び。

さて、前半→ 大将軍神社(東三條社)を参拝してきた - お出かけブログ の続きです。

「半分滋賀」の山科まで来たので(何度も言うが「半分滋賀」という日本語はない)

「琵琶湖まで行こうよ〜。ぐるっと回ろうよ〜」と、私は旦那さんにせがんだ。

というか、出立のときから私は、神社の参拝のあと琵琶湖まで走りたいこと を仄めかしていて、旦那さんは、はっきりとは了解しなかったが、行っても(走っても)いいけど笑 って感じだった。

と、それもあって、滋賀への道中にある山科のご飯屋さんにしたのかもしれないけど。どのみち、こちら方面へ向かうから、と。

 

旦那さん「(また湖東へ渡るなら、休憩も入れて)往復3時間はかかるよ?帰るの夕方過ぎるけどいい?」

私「いいよ!別にやること(用事)ないし!」

 

なんなら今日は帰ってから晩ご飯も食べに行くともう決めてる←ので、晩ご飯の支度もないし!笑

 

ってことで、バイクでぴゅーんと 琵琶湖へ。

コースは前回と同じく、湖南区域の西岸(湖西)から、近江大橋を渡り、東岸(湖東)に向かうコース。からの、またあの「さざなみ街道」を北上。

前回の記事

hurrah.hatenablog.com

 

前回は、琵琶湖まで行ったにもかかわらず琵琶湖の写真が一枚もないという、

旅雑誌であれば、間違いなく「取材やり直し」である

驚異の記事を魅せましたが、今回は撮ってきました笑

 

f:id:richiosan:20220518201301j:image

近江大橋を渡った辺りから、大津方面を見渡す。

f:id:richiosan:20220518201356j:image

陽の光で湖面がキラキラしていて、綺麗だった。

f:id:richiosan:20220519142552j:image

カメラを北側へ。対岸は、坂本の辺りかな。

f:id:richiosan:20220519142700j:image

いま見ているのはまだまだ琵琶湖のごく一部(湖南)で、この先(湖北)がめちゃくちゃ広いんですよね。

 

f:id:richiosan:20220518201633j:image

これは道路を挟んで反対側の景色。琵琶湖に流れ込む川かな。

 

そして、さらに北上し、前回も立ち寄りましたこちら

道の駅草津 グリーンプラザからすま

f:id:richiosan:20220518202236j:image

前回は9月末の陽が落ちる寸前だったので少し肌寒かったけど、今回は5月初めで天気も良く、まだ陽が高い時間で、心地良かった。

 

f:id:richiosan:20220518202638j:image

鯉のぼりがあったり。

 

f:id:richiosan:20220518202709j:image

なんか、キャラの看板があったり。

 

f:id:richiosan:20220518202801j:image

私「ソフトクリーム食べたーい」

 

f:id:richiosan:20220518203118j:image

旦那さん「あおばな?ってなんだろ?」

 

f:id:richiosan:20220518202915j:image

私は抹茶ミックスを、旦那さんは名物の「あおばな」ソフトをいただきました。あおばなは、抹茶に近い感じもしたけど、抹茶よりも草っぽい(植物っぽい?)味でした。

美味しかったです。御馳走さまでした。

【リンク】道の駅草津 グリーンプラザからすま | 近江米販売や近江牛等の滋賀県特産品販売

 

f:id:richiosan:20220519141554j:image

「夕映え通り」にて。記念撮影。笑

 

帰りは、草津から守山へ向かい、琵琶湖大橋を渡りました。

琵琶湖大橋のほうは私は若い頃によく来ていて、でもかれこれ25年以上ぶりになるので、いざ走ってみると懐かしいを通り越して、もうあんまり覚えてなかった。

だが、琵琶湖大橋からの山中越京都市内へ抜ける峠)は、ところどころ 記憶がよみがえるコーナー(カーブ) があった。

ちょうど10代後半〜20歳ぐらいの頃が世の「走り屋(峠族)全盛期」だったので、週末の夜とか、バイク・車乗りの友人らとギャラリーをしに行ってたんですよね。

旦那さんは24〜25歳頃に京都に来た人で、しかも9歳下なので、当時の私とは出会う由もないんですが、もしあの頃に出会っていたら「ヤンチャな姉ちゃん」と思われていたかもしれない。

今? 今は「旦那さんにバイクでお出かけを迫る、かわいい奥さん」ですよって笑

大将軍神社(東三條社)を参拝してきた

さて。このブログでも何度か書いていますが、私はカレンダー休みがない仕事をしていて(小売業)ですが、今回のGW中は公休日+有給休暇日を連続して取れて、2連休がありました。

よって、このところ、ふと「お参りしたい」と導きのあった東山の大将軍神社を参拝してきました。

東山の大将軍神社へは地下鉄など公共交通機関でも行けるのですが、天気もよかったので、旦那さんの バイクでぴゅーんと 連れてもらいました。

 

大将軍神社(東三條社)

西の鳥居

f:id:richiosan:20220510202738j:image

御祭神は、須佐之男命(素戔嗚尊)、相殿に、藤原兼家

延暦13年(794年)第50代・桓武天皇平安京の造営に際し、大内裏鎮護のため、京の四隅に須佐之男命を祀り「大将軍」と称されました。平安京の東のこの地は「京の七口」のうち、三条口の要地に当たり、邪霊の侵入を防ぐにおいて重要視をされていました。
第68代・後一条天皇の外祖父であり、藤原道真公の父である藤原兼家公は摂政、関白となって東三條殿を営み、その邸は景勝の美と詠われました。東三條殿は応仁の乱で廃壊しましたが、この境内に東三條社として名跡を留めています。

 

拝殿

f:id:richiosan:20220510203137j:image

境内には樹齢800年と伝わる銀杏の木(御神木)を始め、樹齢数百年の大樹がありますが、2017年、2018年の台風被害により倒木。拝殿や、荒熊稲荷社に直撃し、これらはその後、再建されたものです。
かつて、東三條殿の一帯にはこうした木々が森のように生い茂り、当時、京を騒がせていた怪鳥「鵺」の棲む、鵺の森ともいわれていました。

「鵺退治」関連記事

hurrah.hatenablog.com

 

本殿

f:id:richiosan:20220510203442j:image

 

東三條社

f:id:richiosan:20220510203517j:image

 

白龍辨財天

f:id:richiosan:20220510204049j:image

 

荒熊稲荷社

f:id:richiosan:20220510204122j:image

 

社庫

f:id:richiosan:20220510204415j:image

 

御朱印

f:id:richiosan:20220510204447j:image

【リンク】大将軍神社|【京都市公式】京都観光Navi

 

と、ここで、話は前後しますが。

 

実は、東山(〜白川)方面に行くにあたり、お昼ご飯を食べたいお店を私は 勝手に 決めていた。

先にお昼を食べてから参拝しようとお店に向かったところ、お店の前は順番待ちのお客さんで行列が出来ていた。

てか、界隈のご飯屋さんはどこも行列が出来ていた。

 

ひさびさに見た、この光景。

 

この2年、どこに行っても人がいなくてガラガラだったから、忘れていた。ここが(ここも)観光地であることを。

 

なんか、嬉しかった。

 

京都で生まれて京都で育ち、物心ついた頃から地元が「どこもかしこも観光地」だった私は「うちは、よそ(他所)から来はる人のためのまち(街)やから」という認識の中で生きてきた。

とはいえ、近年はインバウンド需要で海外からのお客さんがこれまで以上に、もうそれは爆発的に増えここは、ほんまに日本なのか?」と辟易したりもして、もてなす心を失いかけてもいた。

それがこのコロナ禍で一転し、人の気配のないまちになって、こんなことは、初めてだったから。

 

私「東山を離れよう。先にお参りに行ってから、ご飯は他で食べよう」

旦那さん「そうする?」

 

そうしたい。ここは「来てはる人」に譲りたい。

私達にはバイクがある。土地勘があって小廻りが利くバイクがある私達は、方向転換できるから。

運転するのは貴方だけど←←

 

私が参拝してる間、旦那さんは「東山を離れて、美味しいご飯を食べられるご飯屋さん」を調べてくれていたようで、

 

旦那さん「ちょっと走るけど、山科のお店に行こう」

 

山科?!え、山科?!

その発想は無かったwww

山科って「半分滋賀」やん!!

(「半分滋賀」という日本語はない)

 

というわけで、三条通りを東へ進み、お昼ご飯はこちらでいただきました。

 

ココット

f:id:richiosan:20220511124846j:image

f:id:richiosan:20220511124902j:image

お店の前にあったメニュー。すごいいろいろある。で、迷ったあげく、

f:id:richiosan:20220511125004j:image

私は、ポークしょうが焼きのセットを。旦那さんは、サービスランチをいただきました。

どうやら昔からの常連さん?らしきご婦人の方がカウンター席にいらしていて、マスターとお話しされていた。聞くとは無しに聞いてると、久しぶりに来たら、この辺りもずいぶん変わったねとか、学生の頃、学校帰りに食べに寄っておられたとか…。てことは、もう40年ぐらいは営業されてるのかな…?

旦那さんはグルメサイトなどでの評判の良さを見て、来てみたかったらしい。お二人で切り盛りされていて、付かず離れずのナチュラルな接客で居心地が良かったです。

美味しかったです。御馳走さまでした。

【リンク】ココット(山科/洋食) - Retty

 

後半、「琵琶湖、再び。」に続く→ 琵琶湖、再び。 - お出かけブログ

祝!出店!のご飯食べ!

さて、今日は 2ヶ月前 の話を書きます(爆)

いつも、旦那さんが休みで私が出勤の曜日は、私の仕事が終わってからお昼ご飯を(私が気分で誘って←)一緒に食べに行くんですが、ふと「また久しぶりに豚ゴリラさんのとんかつが食べたいなー」と思い立ち、検索していたところ、なんと 公式ホームページ が出来ていました!

しかも、見ると、3号店(太子道店)を出店された とのこと。

一昨年から続くコロナ禍で、飲食店さんはどこも厳しい状況にある中、これは凄いことです!

ぜひとも、お祝いのご飯食べ に行かなくては!

 

と、ここで、普通なら(?)新店舗さんのほうへ伺うべきところだが、

いつもの本店さんのほうに行きましたwww

いや、あの、本店のほうが近いので笑

お腹もすいていたので笑笑

 

というわけで、バイクでぴゅーんと

とんかつ 豚ゴリラ・本店

f:id:richiosan:20220430193409j:image

お店の北側に、バイクを停められる駐輪場があります。


f:id:richiosan:20220430193406j:image

いつものセット。この青しそドレッシングが美味し〜いのです。


f:id:richiosan:20220430193403j:image

何回も行ってるのに気づかなかった。すりこぎの「BG」って、もしかして、豚ゴリラ(Buta Gorira)の頭文字…?笑


f:id:richiosan:20220430193400j:image

私は、ランチメニューのおろしとんかつ膳を。

旦那さんは、麦とろとんかつ膳をいただきました。

ランチのこのメニューは薄切りのお肉を重ねてあるタイプのとんかつで、あっさりと食べられるのが好きです。

あえてお声がけはしていませんが、3号店の出店、おめでとうございます!!

美味しかったです。御馳走さまでした。

【リンク】とんかつ 豚ゴリラ 公式ホームページ

 

関連記事

hurrah.hatenablog.com

桜を追いかけて

さて、この→ 錦市場の名店へ。 - お出かけブログ 続きです。

旦那さん「鴨川の桜でも見ながら、帰りますか?笑」

ということで、鴨川沿いの桜並木を見ながら、鴨川右岸(東側)の川端通五条通よりバイクで北上。

旦那さんは運転しながらなのでゆっくり見ることはできなかったと思うが、私は後ろに ボケーっと乗ってるだけ なので、左手の鴨川や、それから、右手の祇園町の桜などを眺めていた。

しばらく走り、旦那さんが左折レーンに入ったので、これはまた帰ろうとしているな?と察し、

私「まさか、もう帰るんじゃないでしょうね?」

 

旦那さん「www 帰るわ!!www」

 

このやりとり、本日、2回目。

 

まだや!まだ終わらんよ!!

 

これはもうなんとかして引き留めねばと思い、ふと思いついた。

私「ねぇ、この桜、どこまで咲いてるのか確かめに行こうよ!」

旦那さん「どこまで、ってずっと咲いてるでしょうよ笑」

私「いや?わからないよ?北のほうはほら、今出川(通)より、かみ(上。京都弁で北を指す)は気候が変わると言われるぐらいだから、洛外はまだ咲いてないかもしれない!この桜の終点がどこか?を見たいのよ!京都の境目はどこなんか?を!」

旦那さん「境目ww ずっと京都だっつーの!ww てか、ちょいちょい洛外ディスるよね、これだから京都人はwww」

※ 私は生まれも育ちも洛中ですが、旦那さんは千葉出身で、二十歳を過ぎて京都に越してきた「上総国の人」です。

 

だが、元来、探究心の高い旦那さん、実際どこまで咲いてるか、確かめに行くのはちょっと興味深いかも?と思ったのか、そのまま北上を続けた。

 

しめしめ(ニヤリ

 

出町柳のデルタを越え、川端通から下鴨西通に入って、さらに北上。ちなみにこの辺りから、鴨川は「賀茂川」と名前が変わります(正確にいうと、賀茂川と高野川が合流して「鴨川」になる)

私はこの辺りの道には詳しくないので、どこをどう走ってたのかわからないが、途中、なんか裏道に逸れて走って、東から西へ回り込む形で川を渡り、左岸の加茂街道へ。

と、ここで再び、賀茂川の桜並木に再開。

 

私「うわーっ!なにこれー!!」

 

桜並木というか、桜の森。

 

鴨川の桜といえば、私の中では、三条(通)から四条(通)界隈が「それ」だったが、なんちゅうか、スケールが違う。

 

写真を撮りたくなったがスマホをバイクのメットインのリュックの中に入れてたので、路肩に止まってもらって取り出し、ニーグリップ(両膝でライダーの腰を掴んで重心を安定させる乗り方)と、バックレストで体勢を保持し、走りながら撮った。やっぱ、腰(後部)にも支えがあるのは、かなり安定します。

バックレスト 関連記事

hurrah.hatenablog.com

 

ただ、そんなにスピードは出てないとはいえ、走りながら撮っていたので、どこまで撮れてるのか?わからないままシャッターをきっていて、でも、あとから見たらかなり綺麗に撮れていた。

f:id:richiosan:20220409160718j:image

f:id:richiosan:20220409160721j:image

f:id:richiosan:20220409160713j:image

f:id:richiosan:20220409160716j:image

 

そして、左岸からまた右岸へ渡り、

f:id:richiosan:20220409160840j:image

 

先ほど、右岸を北上していた時、途中から南行きの一方通行になっていて入れなかった「桜のトンネル」をくぐりながら、南下。

f:id:richiosan:20220409161410j:image

f:id:richiosan:20220409161413j:image

f:id:richiosan:20220409161415j:image

f:id:richiosan:20220409161407j:image

 

トンネルを抜けた辺りでまた左岸へ渡り、北上を続ける。

f:id:richiosan:20220409161616j:image

f:id:richiosan:20220409161613j:image

f:id:richiosan:20220409161619j:image

 

と、だいたいこんな感じで走りながら撮ったんだが、撮れそうなタイミングで手当たり次第に撮っていたので、ぶっちゃけ、どの辺りを撮ったのがどの写真か?正直わかりません(爆)

でもだいたい、御薗橋辺り?が、鴨川(賀茂川)の桜並木の終点?(始点?)であることをなんとなく突き止め、そこから先は、川岸にまだ桜は見られるものの、まばらにちらほら植えてある感じだった。

 

そしてまた右岸へ渡り、鞍馬街道をさらに北上。だが、だんだん川から逸れていき、道なりに山奥へと入っていく。桜は咲いているか?以前に、桜の木じたいがもう無くなってきた。

途中、市原辺り?に、少し桜並木が見られ、

f:id:richiosan:20220409162957j:image

f:id:richiosan:20220409162954j:image

(これらは、折り返しに帰り道で撮ったもの)

 

さらにさらに、山奥へと北上を続け、貴船川と鞍馬川の合流地点の「貴船口」まで来て、鞍馬方面を北上。しばらく走ると、ようやく一本、蕾か?咲き始めか?ぐらいの桜の木を発見した。

私「この辺まで来ると、まだあまり咲いてないみたいだね。ということは、ここが京都の境目か…」

旦那さん「全然まだ先もずっと京都です!ww 貴船方面も見に行ってみる?」

だが、この頃にはもうだいぶ夕方になってきていたのと、陽が差さない山奥なこともあって、走っていてかなり肌寒くなったので、今日はもう引き返そうと言い、帰路へ。

 

この日「思いつき」で、桜を追いかけて

片道「ざっと15km」ほど、走りましたww

 

でもほんと、綺麗だったなー。

桜、凄かったし、追いかけてみるの、楽しかった笑

旦那さん、ありがとう♡ また何処か、走ろうね←

f:id:richiosan:20220409164907j:image